やさしい税務会計ニュース
やさしい税務会計ニュース
文書作成日:2016/12/20
給与の支給が翌月の場合

[相談]

 給与が12月末締めで翌年1月10日に支給される場合は、その支給額を年末調整に含めて計算するのでしょうか?


[回答]

 年末調整は、支給が確定した給与、つまり、もらう従業員からみた場合、収入が確定した給与について対象となります。従って、上記の場合は、1月10日に支給が確定しますので、翌年の年末調整に含めて計算されることになります。

 また別に、12月25日締めで、末日払いの給与だったケースを考えてみます。このケースにおいて、たまたま末日の資金繰りが悪く、実際の支払いが翌年1月5日になってしまった場合は、支給が確定するのが末日であるため、末日において未払いであったとしても、本年の年末調整に含めて計算します(所法190)。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
お問合せ
岩井優税理士事務所
〒231-0032
神奈川県横浜市中区不老町1-6-9 第1HBビル3F
TEL:045-228-9640
 
 
 
 
関内駅からすぐ
横浜スタジアムの近くです



会計ソフト「MFクラウド会計」 

クラウド会計にも対応しております