やさしい税務会計ニュース
やさしい税務会計ニュース
文書作成日:2021/06/08
香典返しの購入費用と相続税

[相談]

 2ヶ月前に私の父が亡くなり、現在、相続税の申告のための各種資料を収集しています。
 そこでお聞きしたいのですが、父の葬式の参列者からいただいた香典のお返しの品(香典返し)の購入費用は、相続税の課税対象となる父の遺産総額から控除することができるのでしょうか。教えてください。


[回答]

 ご相談の香典返しの購入費用については、お父様の遺産総額から控除することはできません。


[解説]

1.遺産総額から控除できる葬式費用

 相続税法上、相続等により財産を取得した人がその相続等により取得した遺産総額からは、原則として、亡くなった人(被相続人)の葬式費用などを控除すると定められています。

 その遺産総額から差し引くことができる葬式費用は、次のようなものが該当します。

  • (1) 葬式や葬送に際し、又はこれらの前において、火葬や埋葬、納骨をするためにかかった費用(仮葬式と本葬式を行ったときにはその両方にかかった費用が認められます。)
  • (2) 遺体や遺骨の回送にかかった費用
  • (3) 葬式の前後に生じた費用で通常葬式にかかせない費用(例えば、お通夜などにかかった費用がこれにあたります。)
  • (4) 葬式にあたりお寺などに対して読経料などのお礼をした費用
  • (5) 遺体の捜索又は遺体や遺骨の運搬にかかった費用

2.遺産総額から控除できない葬式費用

 上記1.の葬式費用に当たるか否かは、社会通念上、葬式に際し直接的に要した費用であるかどうかによって判定することとされています。

 この点、香典返しの購入費用については、税務上、葬式に際し直接的に支出するものではなく、社交上の必要により支出されるものであるから葬式費用には含まれないとみるのが相当であると考えられています。

 このため、今回のご相談の香典返しの購入費用についても、相続税法上の葬式費用にはあたらないことから、亡くなったお父様の遺産総額から控除することはできないこととなります。

[参考]
相法13、相基通13-4、13-5など


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。



メール添付で受領した請求書等の2022年1月1日以後の取扱い2021/06/01
扶養親族が障害者である場合の、給与計算上の扶養親族等の数2021/05/25
固定資産税精算金がある場合の、空き家に係る3,000万円特別控除適用への留意点2021/05/18
青色事業専従者だけに掛けた定期保険の保険料の取扱い2021/05/11
特例措置により事前に休業等計画届を提出していない雇用調整助成金の収益計上時期2021/05/04
暗号資産(仮想通貨)同士の交換を行った場合の所得税の課税関係2021/04/27
相続税の障害者控除が適用できない場合とは2021/04/20
民間金融機関による実質無利子・無担保融資により受給した保証料補助に関する収益計上時期の取扱い2021/04/13
少額短期保険契約の保険料は生命保険料控除となるのか否か2021/04/06
延長された、青色事業専従者届の提出期限2021/03/30
新型コロナウイルス感染症特別利子補給制度に係る利子補給金の収益計上時期2021/03/23
療育手帳の交付を受けている人の障害者控除額2021/03/16
従業員へのテレワーク費用支給と現物給与の関係2021/03/09
2月15日以前に提出した所得税確定申告書の取扱い2021/03/02
延長された、令和2年分の確定申告期限2021/02/23
お問合せ
岩井優税理士事務所
〒231-0032
神奈川県横浜市中区不老町1-6-9 第1HBビル3F
TEL:045-228-9640
 
 
 
 
関内駅よりすぐ
横浜スタジアムの近くです



会計ソフト「MFクラウド会計」 

クラウド会計にも対応しております